スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三十二回、中国が……

何やらきな臭い情勢になっているらしいです。

尖閣諸島の領海内で漁船の衝突事故が起こる

日本がその漁船の乗組員を確保

中国が不当な逮捕であると、即時返還を要求

日本が拘留を決定

中国が政府間の交流断絶を発表。また、これに対しての報復を検討していると言い出す

日本は?


 ことの経緯としては、これであってるんでしょうかね?
 つか領事裁判権が中国にはないわけで、日本側で当事者を拘留するのは不当なんでしょうか? 政治に関して、自分は素人もいいところなので、いったいこの先どう動いていくのかさっぱり分かりません。

 素人の浅知恵でも、これに応じると尖閣諸島は中国のものだとか難癖を付けてくるようになることは、何となく想像が付きますよ。ほんと、戦争とかにならないだろうな……。今の政府はいまいち期待できないし、外交でうまく片を付けてくれると良いんだが。ロシア、韓国がどう動くか分からないことが怖くて仕方ない。

 2chとかだと危機感あまりない様子なんですが、これは俺がびびり過ぎなんでしょうか。欧州の歴史とか見てると、ちょっとした領土問題でも戦争になってるわけで。中国の急激な膨張にはアメリカやEUも懸念は抱いているはずなので、弾みで戦争になりはしないかと不安なんですよね。

 アメリカやEUじゃ軍需産業が発展していますから、自国内以外で戦争が起これば経済的にはプラスになりそうなんです。アメリカ前政権のブッシュは、第二次湾岸戦争を自分の成果としましたが、現政権のオバマは今だ経済対策において満足のいく評価を受けていません。また、中国は現代に残る共産主義国の筆頭です。アメリカには中国と戦う理由が少なからずあります。流石に日本と敵対はしないと思いたいですが……。

 ロシア、韓国は共に日本との領土問題を抱えている国。そのため、下手したら中国の勝ち馬に載ろうと動くかもしれない。ロシアは内部紛争やら、EU圏との領土問題もありますからロシアが下手に動くとヨーロッパまで火種が飛ぶかもしれない。また、韓国はあからさまな半日国家ではありますが、頭を北朝鮮という親中、共産国家に押さえられているので、下手に動けません。仮に戦争になれば真っ先に北朝鮮を何とかしなければならない立場です。

 インドは中国に対して敵対的。人口や先進諸国との関係でもポスト中国の立場に近いため、中国がつぶれてくれれば替わりに自国が発展することは目に見えている。ただ、インドの参戦は中東諸国やパキスタンとの対立がこじれれば、またしても戦火が拡大する恐れがありますね。

 あと、関係が深そうなのは東南アジア諸国、カナダ辺りでしょうか。ここら辺はかんけいが大分薄くなってきているので、いったいどう動くのやらって感じですが、多分アメリカに着いていくって感じになるんでしょうかね。アメリカは中東諸国に恨まれているので、テロが激化する可能性もありますが……。

 なんだかんだ言って、世界経済が混迷してくると軍靴の音が聞こえてくるんですかね。帝国主義とかじゃなく、資本主義からくる大量消費のための戦争とか、本当に勘弁して欲しいものですが。



スポンサーサイト

第二十四回、GIGAZINEの混乱

先日の求人記事によりGIGAZINEの内情が暴露されたわけだが、それによってネットの各地にその話題が飛び火しているようだ。

 

はてなダイアリーでは社員の暴露話が書かれ、2chではGIGAZINE解雇されたけど質問ある?というスレまでたってしまった。とはいえ、これらは十中八九愉快犯が書いた嘘の情報だろう。とくに後者のスレッドの方は、文中ですでに矛盾が指摘されている。

 

<気になった話とか>

痛いニュース(ノ∀`) : 都内最高齢の113歳女性が所在不明 ? ライブドアブログ

またか……

 

【速報】長妻大臣「110歳以上の年金受給者の所在確認すっぞ」:アルファルファモザイク

ま、仕方ないよね……

第二十三回、GIGAZINEにて求人がありましたが

大手なのかどうかは分からないが、ニュース系ブログサイトのGIGAZINEが求人募集をしている。下の方にある引用元サイトを見ればご理解いただけると思われるが、まずそこに書かれた長文に辟易させられることだろう。かなり個人的な見解がつらつらと書かれており、読みづらいことこの上ない。まぁ、端的に言ってしまえば部下達に対する愚痴なのだが……。

 

さて、この記事を読むまで自分はこのサイトが個人サイトなのだと思っていた。実際、扱われる内容も個人サイトのレベルではあったし、元々興味のある記事が少なかった。ちょっと調べてみると、過去にこのサイトを見た記事はBD用の新素材が見つかったというニュース以来である。一応RSSは購読しているはずなのだが、二ヶ月近く食指を伸ばしていないと言うことになる。自分はアニメなども結構見る質だが、アニメグッズを買うほどコアではないし、ジャンクフードをわざわざ買いに行くほど食べたいとは思わない。今時の若者にありがちな(一応学生ではあるのだが、最近若者なのか疑問になってきた)欲の薄い人間なのだ。とは言え、マウスとかキーボードとかを無駄に買いあさってはいるのだが、これは趣味なのでご勘弁を。

 

閑話休題。さて長々と書かれている求人だが、結構きついことが書かれている。というか、力任せに文筆を振り回しすぎて、逆に何を書いているのか分からなくなっている状況だろうか。まぁ、……よくあることです。文章をまとめるのって難しいよね。

 

引用元をざっと目を通してみたのだが、”GIGAZINEでしかできないことなのか”という採用条件めかした部分がある。はてさて、良くも悪くも個人ブログレベルなのにその条件に引っかかる相手がいるのかどうか。”面接の時点では嘘のキレイゴトを並べ立て”のことだって、今に始まったことではない。自分もそのように習っているし、自分を着飾るというか誤魔化すのは嫌で仕方ないのだが、そうせざるを得ないだろう。そもそも新卒しかとらない日本の風潮が面接一辺倒な今を作っているのだが、もはやどうしようもないのかもしれない。終身雇用の弊害というやつだ。

 

そもそも、経営が行き詰まっているときにそれ以上人員を増やす必要があるのかという疑問もある。てっきり個人ブログなんだと思っていたぐらいだから、これくらい一人でもかけるだろうと自分は考えていたわけである。もともと引用ばかりのニュースだし、記事発見から自分がブログにここまで書くのに40分掛かっていないことを考えると、やはり一人でもなんとか書けそうな内容かなぁと思うのだ。ところが、引用元の内容を信じるならば、GIGAZINEは社員数10人程度であるらしい。これは驚きだ。はっとした。ちょっと引いた。いや、どう考えても規模と内容に乖離があるだろうと。――ここに来て、何となく愚痴りたくなる理由が分かった気がする。いや、求人より人員削減が先なのではないだろうか。同じ規模を維持する程度なら二、三人で十分な気がするのだが、やはり内情は違うのだろうか? 経営者になったことがないのでそこは分からないです。

 

そもそも、社員というか、ライターのやる気を出すには現物しかないと自分は思う。時代が時代なので労働者世代もずるがしこくなった。リターンがなければ、何もしないのはある意味当たり前である。もともと会社とは個人がそんをしない形で金儲けをするためのコミュニティなのではないだろうか。ライターにとってのリターンと言えば、まずは金だが、つか加えるなら褒められることというのを挙げさせて貰おう。人間というものは他人からの好意、悪意に非常に弱い生き物だ。嫌なやつのためには何もしたくないし、好きな人のためなら大枚はたいて結婚式だって挙げるし、三ヶ月分の結婚指輪だって買う。そういう現金なものだ。これは、個人ブログだと思っていた勘違いから思いついたことなのだが、まず誰がどの記事を書いたのか読み手側にはっきりさせることである。要するにライターに対しての外部評価がはっきりするようにするのである。

 

GIGAZINEは現状でもアクセス解析はしているようだが、あからさまにその結果が記事タイトルに依存しているように見受けられる。アクセス数というのは記事の評価には直結しない。単純に記事の質を上げたいのなら、ライターごとに分類タグ等を設けて、その成果を褒めてやらなくてはならない。ついでに言うのなら、ライターと読者の双方向的なやりとりがあったも良いような気がする。単純にコメント欄を設けるだけでも、リピータに繋がるのではないだろうか。実際、自分は同じような内容を扱うブログでもKatokuJapanよりGameSpeakの方が読み手のやりとりが見られて好きである。

 

まぁ、それで、会社の運営が軌道に乗るかはまた別問題なのだが……。

 

かくいう自分も再来年卒業を控える身としては、いい加減就職活動をしなければならない身だ。アルバイトの経験から、接客業や、顧客を取るような仕事はまず向いていないことは身にしみて分かっている。さて、どうしたものか……。

 

引用元:【求人募集】GIGAZINEのために働いてくれる記者・編集を募集します - GIGAZINE

第九回、Windows8

どうもWindows8の仕様が、少しばかりリークされたらしいですね。
それによると、顔認証システム、MS_APP Store(グーグルへのけん制ですかね)、再インストール時に前のデータを残せる等の変化があるようです。一個目はどうでもいいとして、アプリケーションストアは最近はやってきているので、それに乗っかろうというか、市場を支配しようとしているんですかね。再インストール時に前のデータが残るのって、レジストリがそのまま残ってしまうってことでしょうか? だとしたら、いったい何の役に立つというのだろうか……。変にレジストリの仕様を変えてしまうと、後方互換が無くなってしまうだろうし。

参考(マイクロソフト大勝利へのシナリオ、流出した「Windows 8」社内機密資料の内容が非常に秀逸 - GIGAZINE


<ネタ?>
噂のクマゲー「Naugty Bear」到着!…見た目とは裏腹に、物凄く鬼畜ゲーなんですが(汗): それは私の妄言だ
これは酷い……。でもやってみたい……。

わいせつ事件で冤罪の男性が嘘つき女を逆告訴キタ━━(゜∀゜)━━━!!!:アルファルファモザイク
冤罪こわいなぁ。つか、日本の警察はさっさと取調室にカメラを付けろと。

日本メーカーの最新デスクトップPCのスペック | kurotsurubamilog
デスクトップ市場は死んでいるのですね。まぁ、BTOが強いし、ハードユーザーはグラボうんこなメーカーPCを買わないからね。

デリヘル嬢にマジギレされたwww ニコニコVIP2ch
自分はドSなので、こういうのは理解できないのですっ

中国人48人が来日直後に生活保護申請→32人受給:アルファルファモザイク
アメリカは国にどんな利益があるのか、国籍取るときに説明させられるらしいのです。

民主党「初音ミクさんプロモーションビデオ出演お願いします」 初音ミク「お断りします(゚ω゚)」:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
ネット投票に先駆けての戦略なのでしょうけど、これは少し斜め上に行ったかなぁ。それにネット投票ありにするなら、今の間接民主制である必要が無くなるので、より有権者の意見を取り入れやすい形に変えるべきではないのかだろうか。











第六回、コンビニとネット販売

なんというか、最近コンビニというものが日本的なのかが分かってきた気がする。

 日本は国土が狭い中に人口が密集している。特に都心部ではそれがより顕著である。無駄に高い地価、夜間がどこよりも安全、娯楽が多い、商品の入れ替えが早い、内需が巨大。この辺りを突き詰めていくと、売れやすい定番商品と、客引きになる新商品だけに絞った店舗運営というのは、なかなか理にかなっている気がするのだ。

 確かにコンビニにも弱点はある。その運営形態から来る、商品数の限界だ。ただ、これについては現在巨大なシェアを伸ばし続けているネット販売によって解決されるように考えられる。これら二つの新規販売形態は互いに共生しやすいという、以外な状況にある。ネット限定販売の商品がちらほら見かけられるようになったことを見るに、ネット販売はニッチな商品をダイレクトに届けることができる画期的な手法である。

 PSPgoはダウンロード専売によって、商品としては失敗した。しかし、老人が多いためゲームが一般の娯楽とは言い難い日本では、これから先のゲーム販売において、これは先見性があったように思える。現在ゲーム小売りは中古ゲームの販売で成り立っていると言っても過言ではないほど、儲からない。新品ソフトは売れないし、売れても儲けが小さいのである。このようなニッチな商品は、やがてみなネット専売になり、受け皿の広いものだけが狭い店舗スペースに並ぶ。そういう、販売構造へと推移していくのではないかと思われる。

 昭和時代の各業種一店舗の形から、大型量販店、そして需要量による分散型販売店。時代が下るに従って合理化が進んでいる。だとしたら、次は営業時間による分離が起こりそうな気がする。現在、コンビニは皆そろって24時間営業ではあるが、どうもこれは無駄が多い気がするからだ。携帯電話の普及率や、スマートフォンの高機能化によってもたらされるだろうユビキタス社会は、これを後押しする風になるのだろうか。


 ただし、Amazonは例外で、これらはコンビニとネット販売を融合させたような存在である。Amazonは電子機器、ゲーム等の販売においては最安であることもしばしばだ。いったい何処からそれほどの資本が出てくるのか、恐ろしい限りである。



・友達が俺の妹狙ってるみたいなんだが・・・ 無題のドキュメント
これは酷いw
そして、すばらしい策士っぷりだ。

・やりすぎだろ 全国でローソンがセルフ式バイキング形式の詰め放題弁当(画像あり) | ニュース2ちゃんねる
本当に斜め上に行くなぁ。
どう考えても採算合わないでしょ。

・PS3『Catan(カタン)』、半額にしたらダウンロード数が8倍になりました:オレ的ゲーム速報@刃
カタン面白いものなぁ……。ネットでやるには少々時間が掛かってしまうのが欠点だが。

・しごとのセリ市
ネットで競りができるサイト。
今会員登録するとプレゼントが貰えるらしいです。

プロフィール

ごくふつう

Author:ごくふつう
日々思ったことなどを連ねているだけの正に雑記です。ゲーム、新技術、PC、なんか気になった話等のまとめとかが主なネタ。タイピング、文章の練習を兼ねて執筆しております。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。